何故、看護師は人間関係に悩むの?

Leave a comment

人間関係の悩みは、看護師に限ったことではありません。
しかし一般企業に比べて、何故看護師の人間関係が難しいといわれているのでしょうか。
実際はそうでもないのかもしれないのですが、一般的には「看護師=女性社会」だからだといわれています。
例えば男性の場合、意見が食い違っていれば正面を切って意見を交わすことができます。
職場の雰囲気が原因で転職を考える看護師は非常に多いのが現状なのです。

ナース人材バンクはコチラ

「看護師と看護師」「看護師と患者」…2つのコミュニケーションが対峙する業界だからこそ、人間関係も複雑→悩みも大きくなってしまうのです。

一芸を磨け!

Leave a comment

2009年、イギリスのオーディション番組でその美声が認められ、瞬く間に世界的大スターになった女性がいます。
スコットランド出身の彼女はある意味、数奇な人生を送っていると言えるでしょう。
実は、彼女は幼少のころから対人関係に悩み、しかも苛めにあっていたそうです。
そして2013年、改めて診察を受けたところ、そうした悩みが障害によるものだと分かったそうです。
その病名とは、「アスペルガー症候群」で、いわゆる発達障害の一種です。
ちなみに幼少の頃、医師の診断によると「脳の損傷による障害」と言われていたそうです。
そうした障害があっても実力があれば認められるのです。
誰だって一芸を磨けば、世の中に認められる日が来るかもしれません。
そのためにはもちろん努力が必要でしょう。

脱毛前後にしてはいけないこと

Leave a comment

サロンで行う脱毛前後にしてはいけないことがあります。
例えば、油分が多いクリームやオイルの使用は、脱毛の効果を下げたり、保湿効果も内部まで浸透しなくなるのでやめましょう。
脱毛する際に一番最適な長さは1~2ミリぐらいなので、脱毛する1~3日前にシェービングをしておく必要があります。
当日にシェービングをすると、肌を傷つけたりする場合があり、脱毛を受けれない場合もあるため絶対にやめましょう。
制汗剤は、脱毛後の肌には刺激を与えかねないため、使用は控えてください。
沖縄の脱毛サロンはこちらが詳しいです。

脱毛沖縄の詳細

風邪などの場合は、事前にサロンできちんと確認する必要があります。

スレッディング

Leave a comment

「 スレッディング」という脱毛方法をご存知ですか?
本場である中国的に書くと「糸除毛」と書きます。
この字をそのまま読んだ通りスレッディングとは糸で脱毛(除毛)する方法です。
このスレッディングの歴史は古く、中国の隋の時代から行われているそうです。
隋の時代と言えば、日本では聖徳太子や小野妹子の時代ですね。
それだけ古くからある脱毛方法ですが、まだまだ進化しています。
現在はアメリカまでにも広がり、世界中で愛されています。
それもそのはずです。
スレッディングは、毛の根元から除去するため、生えるスピードを遅らせたり毛穴を引き締める効果もあります。
また新しく台湾で生まれて特許技術でもある蝶式糸除毛であれば、痛みも少なく、リフトアップも狙えるとのことで、話題になっています。
現在、日本では珍しい脱毛方法ですが、効果は抜群です。

薬剤師の白衣

Leave a comment

薬剤師は、仕事をする際、白衣を着用します。
しわができにくい、抗菌加工がされている、防臭効果があるものを選ぶなど、白衣に気を配ることで、患者に清潔な印象を与えることができます。
動きやすい、通気性がよい、大きなポケットが付いている、着脱が簡単にできるなど、薬剤師が快適に仕事を進められるよう、工夫された白衣も増えています。
白衣の下に着用する衣服に規定はありませんが、襟元から見えるシャツ、パンツ・スカートは派手な色を避け、白や黒などシンプルな色を選ぶと、清潔な印象になります。
露出が少ない衣服を選ぶことも大切です。
男性薬剤師の場合は、シャツ、パンツの他、ネクタイも派手な色や模様を避け、シンプルなものを選ぶことが大切です。

結婚コスパ

Leave a comment

名古屋では娘を三人嫁に出すと家が傾くっていうらしいですが、普通の結婚式でも費用は馬鹿になりません。
結婚費用がたまらないから結婚できないっていうカップルも結構いるみたいです。
70~80人の招待客で平均300万から350万円かかるんだそうです。
最近では欧米に近づきつつある日本の離婚率。
成田離婚なんて言葉が流行りましたが、そうしたら何百万円をドブに捨てるようなものですよね。
それはそれで怖くて結婚できなくなりそうです。
最近はそういった形式を気にせずに、レストランとかを借り切って仲間内でパーティー形式で結婚式をあげるっていう人たちもいるようです。
シビルウエディングって言うらしいですが、神様に誓いを立てるのではなく気のあった仲間に祝福されて夫婦になるってことですね。
費用も安くすみますし、面倒な手続きもしなくてすみます。
とても合理的だと思うんですが、地方では家と家のメンツみたいなものがあるんでちょっと難しいのかもしれません。

引越し五里霧中

Leave a comment

春になると進学、就職、転勤などで引越しをするっていう方も多いのではないでしょうか。
以前派遣のバイトをしていた時は、この季節は引越しばっかりで、一日二件入ってくれなんて言われることもありました。
引越しは労力の割に見返りが少ないんでみんな敬遠してました。
実際に自分が引っ越すっていうことになると、簡単には物件は決められません。
家賃は毎月かかるわけですから、月の家賃が1万違えば年間では12万違ってくるわけです。
これは大きいですよね。
また費用もかなりかかりますし、基本2年で更新ですから最低でも2年は住まないと割にあいません。
家電製品みたいに気に入らないから他の物を買うっていうわけにはいかないのです。
とってもいい物件だと思ったら隣人がうるさかったり、治安が悪かったり。
そんなトラブルを避けようと慎重になりすぎると今度はほかの人に物件を抑えられてしまったり。
住む場所を探すっていうのは本当に大変で、まさに五里霧中といった感じです。